2次元グラフィックス

まず簡単なグラフを書かせてみましょう.

> plot(sin(x^2), x=-Pi..Pi);

[Plot]

色は Mathematica より単調ですね.gnuplot みたいです.西洋人好みでしょうか (^_^)

便利なのは,図中の線などを右クリックすることで,スタイルを変更できる点です.

もちろんオプションで変更することもできます.オプションのヘルプは ??plot[options] で表示されます.また,plotコマンド自体のヘルプは,??plot で表示されます.

> plot( sin(x^2), x=-Pi..Pi,
        axes=BOXED,                        # 軸を消し,枠表示

        labels=["x", "sin(x^2)"],                # ラベルを指定

        labeldirections=[HORIZONTAL, VERTICAL],        # ラベルの向きを指定

        color=blue,                        # 曲線の色を指定

        thickness=4                        # 曲線の太さを指定

);

[Plot]

実は Maple では,任意の2次元図形を表示することが簡単にできます.plottools, plotsパッケージを利用します.

> with(plottools);
> with(plots);

スマイリーマークのグラフィックスデータを定義します.

> smiley := 'PLOT'(
        circle([0,0], 1),  # 顔の輪郭

        ellipse([ 0.2,0.1], 0.05, 0.1, filled=true, color=black), # 右目

        ellipse([-0.2,0.1], 0.05, 0.1, filled=true, color=black), # 左目

        arc([0,0], 0.7, -0.85*Pi..-0.15*Pi)  # 口

        );

> display(smiley, axes=NONE);

[Plot]

並べて描く.

> display(
        seq(translate(scale(smiley, i, i), i^2, 0), i=1..5),

        scaling=CONSTRAINED, axes=NONE

);

[Plot]