Ubuntuをインストール

Table of Contents

1 概要

Ubuntu 14.04 のインストール方法について説明する.

2 準備

  1. 1GB以上のUSBメモリを準備する.
  2. Windowsを通常通りインストールする.
  3. パソコンのメモリ容量を調べておく.

3 ブート用USBメモリの作成

  1. Ubuntu Japanese Team のサイトで 「Ubuntuのダウンロード」 / 「日本語Remixイメージのダウンロード」から, Ubuntu 14.04 (64ビット版)のisoイメージをダウンロードする.
  2. USBメモリを差し,FAT32 でフォーマットする.
    • スタートメニュー / コンピューター の順で開く.
    • USBメモリを右クリックして,フォーマットを選択
  3. Unetbootin のサイトから Unetbootin for Windows の実行ファイル unetbootin-windows-568.exe をダウンロードする.
  4. unetbootin-windows-568.exe を実行する. ディスクイメージにUbuntuのisoイメージのファイルを選択してOKをクリックする.
    • 間違ってUSBメモリではなくハードディスクに書き込まないように注意!
  5. USBメモリを取り出す.
    • スタート / コンピューター を選択
    • USBメモリを右クリックして,取り出しを選択

4 Windows領域の縮小

  1. スタートメニュー等から「コンピューター」を表示し, それを右クリックし,管理を選択する.
  2. ディスクの管理を選択し,Cドライブを右クリックして ボリュームの縮小を選択する.
  3. Ubuntuに200GB程度使用したいなら, 縮小するサイズとして200000を指定し,縮小をクリックする.
    • 移動できないファイルがあると,縮小できないことがある.

5 Ubuntuのインストール

以下の作業はかなりの時間がかかる.

  1. USBメモリを差し,PCを再起動して,F2を押してBIOSの画面を表示する.
  2. 「メイン」で時計を合わせる.
  3. 「終了」中の「デバイスを指定して起動」でUSBメモリを選ぶ.
    • UEFI起動を無効に設定する必要があるかも知れない. その場合,UEFI起動を有効に再設定しないと,Windowsは起動できない.
  4. 「Try Ubuntu without installing」の場所で,Enterを押して,少し待つとUbuntuのデスクトップが表示される.
  5. 可能なら,有線LANか無線LANに接続する.
    • 右上のネットワークのアイコンをクリックして,ネットワークの設定を行う.
  6. 「Install Ubuntu」のアイコンをダブルクリックする.
  7. 「日本語」を選んで「続ける」をクリックする.
  8. 「サードパイティーのソフトウェアをインストールする」にチェックを入れて「続ける」をクリックする.
    • ネットワークに繋がっていれば「インストール中にアップデートをダウンロードする」にもチェックを入れる.
  9. インストールの種類で「それ以外」を選択し,「続ける」をクリックする.
  10. Windows領域の縮小でできた空き領域を選択し,「追加」をクリックする.
    • サイズは2メガバイト.
    • 利用方法は,予約済みBIOSブート領域を選択する.
  11. 余りの空き領域を選択し,「追加」をクリックする.
    • サイズは,パソコンのメモリ容量が 4GB ならを4295, 8GB なら 8590 を入れる.
    • 利用方法は,スワップ領域を選択する.
  12. 余りの空き領域を選択し,「追加」をクリックする.
    • サイズは50000 (約50GB)ぐらいにする.
    • 利用方法は,ext4を選択する.
    • マウントポイントは「/」を選択する.
  13. 余りの空き領域を選択し,「追加」をクリックする.
    • 利用方法は,ext4を選択する.
    • マウントポイントは「/home」を選択する.
  14. 「インストール」をクリックする.
  15. 「どこに住んでいますか?」は「続ける」をクリックする.
  16. 「キーボードレイアウト」は「続ける」をクリックする.
  17. 「あなたの情報を入力してください」は例えば以下のように入力し, 「続ける」をクリックする.
    • あなたの名前: Naoyuki Tamura
    • ユーザー名の入力: tamura
  18. 「Ubuntu One」のアカウントを作成しないなら「Log in later」をクリックする.
  19. 絵を選んで「続ける」をクリックする.
  20. 「続ける」をクリックする.
  21. インストールが終わるのを待つ.
  22. 「今すぐ再起動する」をクリックする.
  23. 「Please remove installation media …」と表示されたら USBメモリを抜いて,Enterキーを押す.
  24. Grubのメニューが出たらEnterキーを押す.

6 Ubuntuのアップデート

  1. 設定したパスワードでログインする.
  2. ログアウトして再ログインする.
  3. ネットワークに接続できていなければ,有線LANか無線LANに接続する.
    • 右上のネットワークのアイコンをクリックして,ネットワークの設定を行う.
  4. 左上の「Dashホーム」アイコンをクリックして検索に「update」と入力し, 「ソフトウェアの更新」を開く.
  5. 「設定」をクリックし「他のソフトウェア」を選択する. 以下にチェックを付けて「閉じる」をクリックする. 途中でパスワードを聞かれたらパスワードを入力する.
  6. 「今すぐインストールする」をクリックする. 途中でパスワードを聞かれたらパスワードを入力する.
  7. ひたすら待つ.
  8. 再起動する.

7 最初のカスタマイズ

  1. 端末をランチャー(画面左のアイコンが並んでいる場所)に常に表示する.
    • 「Dashホーム」で「terminal」と入力し,「端末」を開く.
    • 端末のアイコンを右クリックし,「Launcherに登録」を選択する.
  2. いらないアイコンは右クリックして「Launcherへの登録を解除」を選び,ランチャーから外す.
  3. 「デスクトップ」等,フォルダ名が日本語だと何かと面倒なので,英語名に変える.
    • 端末を立ち上げ以下を入力して「Update names」をクリックする.
      $ LANG=C xdg-user-dirs-gtk-update
      
    • 右上の電源アイコンをクリックし一旦ログアウトして,再ログインする.
    • 「標準フォルダの名前を現在の言語に合わせて更新しますか?」で 「次回から表示しない」にチェックを付けて「古い名前のままにする」をクリックする.
  4. /usr/local を /home/local へのシンボリックリンクにする. 端末で以下を実行する(tamura は自分のユーザIDに変更する).
    $ sudo mv /usr/local /home
    $ sudo ln -s /home/local /usr
    $ sudo chown -R tamura.tamura /home/local
    
  5. ランチャーからシステム設定を起動し,「マウスとタッチパッド」でマウスやタッチパッドの感度を調整する.
    • 「二指でのスクロール」をオフにすると,タッチパッド右端でのスクロールが可能になる.
  6. システム設定の「外観」
    • 「Launcherアイコンのサイズ」で画面左のランチャーのアイコンのサイズを変更できる.
    • 「挙動」を選択し「ワークスペースを有効にする」にチェックを入れると, 複数のワークスペースを利用できる. ワークスペースの移動は Ctrl+Alt+矢印キー で行う.
  7. ランチャーの上から2つめの Nautilus ファイルマネージャーを起動し, 「編集」メニューから「設定」を選択,「表示」中の「アイコン表示の規定値」で デスクトップのアイコンのサイズを変更できる.
  8. システム設定の「セキュリティーとプライバシー」で,「検索」タブを選択し「オンラインの検索結果を含める」をオフにする.
  9. CapsLockキーをCtrlキーに変更する.
    • Tweak Toolをインストールする.
      $ sudo apt-get install gnome-tweak-tool
      
    • 「Dashホーム」で「tweak」と入力し,Tweak Toolを立ち上げる.
    • 「タイピング」の「Ctrlキーの位置」で「Caps LockをCtrlとして使う」を選択.
    • 「Xサーバーを終了するためのキーシーケンス」で「Ctrl-Alt-Backspace」を選択.
  10. mozcの設定
    • 画面右上システムトレイ中のキーボードのアイコンをクリックして,「設定」 / 「全体の設定」を選択. 「入力メソッドのオンオフ」の「Ctrl+Space」をクリックし Shift-Space を入力する.
    • Shift-Space でMozcを有効にし,システムトレイのMozcのアイコン(オレンジの「あ」)をクリックし, 「Mozcツール」メニューの「設定ツール」を選択.
      • 句読点等を好みに設定する.

8 基本的なソフトウェアの利用

8.1 Ubuntuソフトウェアセンター

  • 左上の「Dashホーム」アイコンをクリックして検索に「soft」と入力し, 「Ubuntuソフトウェアセンター」を起動する.
  • ランチャー中の「Ubuntuソフトウェアセンター」のアイコンを右クリックし, ランチャーに登録する.
  • 「Ubuntuソフトウェアセンター」から色々なソフトウェアを検索,インストールできる.

8.2 Mailソフト

  • Thunderbirdが標準.Dashから検索で起動し,ランチャーに登録しておく.
  • 設定方法は,情報基盤センターのWebページなどを参照する.
  • Sylpheed もお勧め.

8.3 Webブラウザ

  • Firefoxが標準.ランチャーから起動できる.
    • 以下でJavaプラグインをインストールする
      $ sudo apt-get install icedtea-7-plugin
      
  • 情報基盤センターの「認証Webプロキシ」サービスを設定することで, 自宅から学内専用ページを閲覧できる.
  • 情報基盤センターの「VPN」サービスの設定をしておくと, 自宅から学内ネットワークに接続できる.
  • その他の便利なアドオン
    • FoxyProxy: プロキシの切り換え

8.4 Dropbox

  • 自宅パソコンとファイル共有ができる. Ubuntuソフトウェアセンターからインストールできる.

8.5 エディタ

  • geditが標準.端末中で編集したい時は nano が便利.

9 その他のカスタマイズ

  1. ワークスペースを多くする.
    • 「Ubuntuソフトウェアセンター」から「CompizConfig設定マネージャー」をインストールする.
    • 「CompizConfig設定マネージャー」を起動する.
    • 「一般 / 一般オプション / デスクトップサイズ」で,ワークスペースの数を設定できる.
    • 「一般 / 一般オプション / フォーカスとその関連動作」で 「クリックでフォーカス」のチェックを外し, 「自動で最前面に上げる」のチェックをつけると, マウスカーソルのあるウィンドウが自動で前面に移動する.
  2. インストールされているソフトの一覧を表示する.
    • 「Ubuntuソフトウェアセンター」から「ClassicMenu Indicator」をインストールする.
    • 右上のシステムトレイに表示されているアイコンをクリックすると, インストールされているソフトの一覧が表示される.

10 入れておくと良いソフトウェア

  • byobu
    $ sudo apt-get install byobu
    
    • byobu を起動し,F9キーでエスケープシーケンスを「ctrl-z」に変更する.
  • lv (日本語ファイルビューア)
    $ sudo apt-get -y install lv
    
  • guake terminal
    $ sudo apt-get install guake
    
    • 「Dashホーム」で「guake」と入力し,ランチャーに登録する.
  • ext4magic (削除したファイルの復活ツール)
    $ sudo apt-get install ext4magic
    
  • Synapticパッケージマネージャ
    $ sudo apt-get -y install synaptic
    
  • nkf (文字コード変換)
    $ sudo apt-get -y install nkf
    

11 その他のソフトウェア

Ubuntuソフトウェアセンターから色々インストールできる. アンインストールも簡単なので,気軽に色々なソフトを試すのも良い. また,Webサーバ,sshサーバ,DBサーバなどのサーバソフトウェアも簡単にインストールできるが, その際は,セキュリティには気をつける.

11.1 Inkscape, Imagemagick

$ sudo apt-get install inkscape imagemagick

11.2 Gimp

$ sudo apt-get install gimp

12 開発環境を整える

開発環境 を参照.

13 レポート執筆環境を整える

14 リンク

Date: 2016-04-13 01:21:12 JST

Author: 田村直之

Org version 7.8.02 with Emacs version 24

Validate XHTML 1.0