レポート執筆環境

Table of Contents

1 Adobe Reader

端末で以下を実行しAdobe Readerをインストールする.

  • インストール (xxx は自分のユーザID)
    $ sudo apt-get -y install adobereader-jpn
    

    システム全体でのdefault PDF viewerにセットするか,と尋ねられたら「いいえ」とする.

    $ sudo chown -R xxx.xxx /opt
    
  • Adobe — Adobe Reader : For Unix で 「Adobe Reader 8.1.5 Linux Update - Japanese」を選択し AdobeReader_jpn-8.1.5-1.i486.tar.bz2 をダウンロードする.
  • 展開し実行する.
    $ cd /usr/local/src
    $ mv ~/Downloads/AdobeReader_jpn-8.1.5-1.i486.tar.bz2 .
    $ tar xvjf AdobeReader_jpn-8.1.5-1.i486.tar.bz2
    $ AdobeReader/INSTALL
    $ rm -r AdobeReader
    
  • Adobe Reader 8に含まれている KozGoProVI-Medium.otf を Adobe Reader 9のディレクトリにコピーする.
    $ cp -p /opt/Adobe/Reader8/Resource/CIDFont/KozGoProVI-Medium.otf /opt/Adobe/Reader9/Resource/CIDFont
    

2 LaTeX

ここではUbuntu 11.10の標準パッケージではなく TeX Live 2011 を使用する. UTF-8が利用できるなど TeX Live 2011 を利用するメリットは大きい. TeX Live 2011には日本語版も含まれている.

  1. インストール用プログラムのダウンロードし展開する.
    $ cd /usr/local/src
    $ wget http://mirror.ctan.org/systems/texlive/tlnet/install-tl-unx.tar.gz
    $ tar xvzf install-tl-unx.tar.gz
    
  2. インストールする (かなり時間がかかる).
    $ cd install-tl-20120401
    $ ./install-tl
    ...
    Enter command: I
    ...
    
  3. TeX Live 2011 のコマンドを /usr/local/bin にシンボリックリンクを作成する.
    $ /usr/local/texlive/2011/bin/i386-linux/tlmgr path add
    
  4. TeX Live 2011 のdummyパッケージをビルドする.
    $ sudo apt-get -y install equivs
    $ mkdir /usr/local/src/tl-equivs
    $ cd /usr/local/src/tl-equivs
    $ wget http://www.tug.org/texlive/files/debian-control-ex.txt
    $ mv debian-control-ex.txt texlive-local
    $ equivs-build texlive-local
    $ sudo dpkg -i texlive-local_2011-1~1_all.deb
    $ sudo ln -s /usr/local/texlive/2011/texmf /usr/share/texmf
    
  5. 日本語化xdviのpxdviをインストールする.
    $ tlmgr --repository http://www.tug.org/~preining/tlptexlive/ install pxdvi
    $ cd /usr/local/bin
    $ ln -s /usr/local/texlive/2011/bin/i386-linux/pxdvi .
    $ ln -s /usr/local/texlive/2011/bin/i386-linux/pxdvi-xaw .
    $ rm xdvi xdvi-xaw
    $ ln -s pxdvi xdvi; ln -s pxdvi-xaw xdvi-xaw
    $ sudo mktexlsr
    

2.1 TODO 注意

現在TeX Live 2012が公開されている.

2.2 サンプルの実行

  1. tex.zip をダウンロードする. tex.zip には以下のファイルが含まれている.
    ファイル名内容
    sample.texLaTeXのソースファイル (UTF-8)
    sugar.eps図のファイル (EPS形式)
    aisat.bib文献ファイル (BibTeX, UTF-8)
    sample.bib文献ファイル (BibTeX, UTF-8)
  2. 展開する.
    $ cd
    $ mv ~/Downloads/tex.zip .
    $ unzip tex.zip
    
  3. 以下の順でフォーマットする.
    $ cd tex
    $ platex sample
    $ pbibtex sample
    $ platex sample
    $ platex sample
    
  4. dviをプレビューする.
    $ xdvi sample.dvi
    
  5. PDFに変換しプレビューする.
    $ dvipdfmx sample
    $ acroread sample.pdf
    

2.3 サンプルを変更

sample.tex を以下のように sample2.tex にコピーした後, geditで適当に編集し,フォーマットして結果をプレビューしてみよう.

$ cp sample.tex sample2.tex
$ gedit sample2.tex

3 Latexmk

  1. latexmkrc.txt を保存する.
  2. ホームディレクトリに .latexmkrc として移動する.
    $ mv -i ~/Downloads/latexmkrc.txt ~/.latexmkrc
    

3.1 サンプルの実行

  1. サンプルのdviとPDFを削除する.
    $ cd ~/tex
    $ rm sample.dvi sample.pdf
    
  2. latexmk でフォーマットしPDFを作成する.
    $ latexmk sample
    
  3. latexmk でフォーマットしPDFをプレビューする.
    $ latexmk -pv sample
    

4 Beamer

TeX Liveに含まれている.

5 Jabref

$ sudo apt-get -y install jabref

6 Emacs

$ sudo apt-get -y install emacs23 emacs-goodies-el semi
$ sudo apt-get -y install aspell-el aspell-en
$ echo "lang en_US" > ~/.aspell.conf

6.1 AucTeX

$ sudo apt-get -y install auctex

7 Org-mode

$ sudo apt-get install org-mode

8 リンク

Date: 2013-02-24 20:34:06 JST

Author: 田村直之

Org version 7.8.02 with Emacs version 23

Validate XHTML 1.0