たたみかえ折り紙

Table of Contents

どんなパズル?

図1

フレクサゴンと呼ばれるパズルです. 図1のように折りたたまれた紙を,半分に折りたたんで開くと,別の色が出ます. 全部で6色あるので,それら全部を出してください. 白色や黒色は簡単には出てきません.

作り方

(表)(裏)
図2
  1. 以下のものを準備します.
    • 折り紙: 上から色を塗るので,色の薄い無地のものが良い. 折り紙がなければコピー用紙でも良いが,なるべく丈夫なもの (薄すぎる紙だと,折りたたんでいるうちにやぶれてしまうため). 正方形でなくても大丈夫.
    • 色鉛筆 6色分: サインペンなどでも良い.
    • ハサミ: カッターでも良い.
  2. 折り紙を縦に4等分,横にも4等分し,折り目をつけて,角の部分は切り取る (図2参照).
  3. 図2の実線部分にハサミで切れ目を入れる.
  4. 図2のように色を塗る (表の左上隅は,裏の右上隅になります).
  5. 図2の表の通りに置く.
  6. 表の青色の回りの点線を山折りにし,他の点線は谷折りにし, 青色の中央の角を下から外に開くようにして,以下の形を作る (手前の白色の裏が青色).

    figs/flexagon_step1.jpg

  7. 垂直になっている赤色の面を合わせるように折る (白色同士も合わさる).

    figs/flexagon_step2.jpg

  8. 右上の緑色の面と右内側の緑色の面を合わせるように, また左手前の緑色の面と左内側の緑色の面を合わせるように, 全体をねじりながら折り込む (右外側の青色の面が奥に行くように,左外側の青色の面が手前に来るようにねじる).

    figs/flexagon_step3.jpg

  9. 折り込むと青色の面が現れる.裏側は赤色になっている.

    figs/flexagon_step4.jpg

作り方の補足説明

  • 良くわからなければ 動画 (mp4)を見てください.
  • 色鉛筆で色を塗る代わりに,シールを使うと便利です.
  • 以下のPDFを両面印刷すると簡単に作れます.

遊び方

  • 折りたたんで開くと別の色の面が現れます.
  • 白色や黒色の面もあります.どうすれば出てくるでしょうか,チャレンジしてみてください.

解説

  • このパズルは Robert Edward Neale 氏が考案したものだそうです.
  • 同様のパズルはフレクサゴン (flexagon) と呼ばれており, 様々なバリエーションがあります.調べてみましょう. 6角形のヘキサフレクサゴンが有名です.
  • 最初にフレクサゴンを考えたのは Arthur H. Stone だそうです.

?????

Date: 2015-06-08 12:52:06 JST

Author: 屯遁

Validate XHTML 1.0