ACM国際大学対抗プログラミングコンテストについて

Last modified: Sun May 27 15:50:50 2007 JST

ACM国際大学対抗プログラミングコンテスト(ACM/ICPC)は, 問題を解決する技能やコンピューティング技能をアピールし, さらに磨いていくチャンスを大学生に提供する,ACMの活動の1つです.

1チームは同じ大学の大学生または大学院生3名(入学年あるいは年齢で制限有)で構成します. 毎年6〜7月頃に国内予選,10〜11月頃にアジア地区予選(日本国内でも開催される), 来年3〜4月頃に世界大会が開かれます.

コンテスト当日に8題程度(国内予選は6題程度)の プログラミング問題(英語,ただし国内予選は日本語可)を与えられ, 5時間程度(国内予選は3時間程度)の間に何題解けるかを競います. プログラミング言語として,C,C++,Javaなどが使用できます.

2007年度のアジア地区予選は東京で開かれる予定です. 詳しくは ACM日本支部のページを御覧下さい.

このサイトの情報

リンク集

参考文献


Naoyuki Tamura